Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Rose of York Language School

イギリス、ロンドンにある英語学校ローズオブヨークの学校情報などをお届けします。

イギリスのお正月

f:id:RoseofYork:20161222013517j:plain

どうも、Rose of Yorkの松井です。クリスマスまであと数日。帰省ラッシュが始まり、駅や街中は人であふれています。そんなクリスマスムード一色なイギリスですが、お正月だってもういくつ寝ると…です。しかし、イギリスのお正月は日本と違い、パーティーモード。クリスマスとお正月がひっくり返っています。

年越しそばがない!おせち料理がない!明治神宮に行かない!...のは、日本じゃないからでしょうが、それでもお正月はちょっとしたカルチャーショックです。

今日はそんな、お正月の過ごし方について。

 

イギリスは12月31日がメイン。なんと言ってもカウントダウンと花火です。花火は午前0時になって打ちあがるのですが、ロンドンはテムズ川沿いに盛大な花火が打ちあがり、夜空を彩ります。テレビでも放送されるので、テレビでいいやという人も大勢います(笑)

地方でも花火が打ちあがり、皆で派手にお正月を祝います。

花火に興味のない人は、友達や親しい人たちとパブにパーティーに食事、そしてクラブです。大晦日のロンドンはどこも、深夜営業。カウントダウンの人々でどこもかしこも大賑わいを見せ、にぎやかなレストランやバーなどが目立ちます。クラブに並ぶ人々もたくさん。よっぱらいもたくさん!(笑)

ロンドンの地下鉄は朝まで走っており、しかも今年は無料だそうですよ。

新年はといいますと、これは日本と同じで割りと静かに過ごしますが、あまり日本のような特別な日ではない模様。飲み明かした次の日は昼に起きてゆっくりとする。お正月三が日の感覚はないですが、1月2日は国民休日です。ここもイギリス式です。

 

お正月にイギリスにいらっしゃる方は、是非日本と一味違ったお正月をお楽しみください!お正月になると日本が恋しくなる松井でした。