Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Rose of York Language School

イギリス、ロンドンにある英語学校ローズオブヨークの学校情報などをお届けします。

クリスマスことわざ&フレーズ

こんにちは、ローズオブヨーク松井です。クリスマスまでもうまもなく。

日本もライトアップが綺麗かと思います。

ロンドンはクリスマスライトで彩られ、どこに行ってもキャロルやクリスマスソングなどが聞こえてきます。
ムルドワイン(温ワイン)やミンツパイ(クリスマス名物食品)などもいたるところで目に付くようになりました。

そんなクリスマスムード一色な今日、クリスマスシーズンに必ず一度は耳にするであろうクリスマスにまつわることわざやフレーズを紹介したいと思います!

Christmas comes but once a year – 「クリスマスは一年に一回」。これはとてもポピュラーな言い回しで、一年に一回なのだから羽目をはずして楽しんでもいいという意味です。食べ物、プレゼント、飲み物(お酒です)なんであれ、何だって盛大にやっちゃおうという意味合いです。

Good things come in small packages – 「小さなギフトはいいギフト」。たとえクリスマスプレゼントが小さなものであっても、大切なのは品物ではないという、という意味です。小さな人が大きな心を持っているというフレーズと同じ意味です。

It’s the thought that counts – 「大切なのは想い」。このフレーズは、プレゼントをあげるという行為ではなく、そのアクションにこめられたその人の想いが大切という意味です。

The more the merrier – 「たくさんいればもっと楽しい」。このフレーズは、沢山人がいるともっとクリスマスがもっと楽しくなる、という意味です。たとえば、クリスマスパーティーに沢山人が来たら、もっと盛り上がりますよね。

There’s no time like the present – 「今に勝るときはない」。行動するならじっと待つよりも今この瞬間がいい、という意味です。

Tis the season to be jolly – 「今が幸せのシーズン」。まず、 ‘tis’とは、古い英語で、It とIsをあわせたものです。このフレーズは、クリスマス中ハッピーであれという意味です。

The proof is in the pudding – 「真実はプディングの中」。オリジナルのことわざは「The proof of the pudding, is in the eating’-プディングを食べて分かる」というもので、食べてみなければプディングの味が分からないように、理解するには経験することだ、というものです。

Don’t look a gift horse in the mouth – 「もらい物のあらを探すな」これは、もらったプレゼントが気に入らないものであっても、けちをつけてはいけない、という意味です。


近々、英国クリスマス体験など、いかがでしょうか。
寒くてマフラーが手放せないロンドンよりお送りしました。
f:id:RoseofYork:20161206004113j:plain

ロンドンのお勧めマーケット その2

どうも、ローズオブヨークの松井です。ロンドンはクリスマス一色!日が暮れるのもずいぶんと早くなり、ストリートのライトアップが盛大です。
そんなライトアップを見る前に、マーケット探索などいかがでしょう。今回は、前回のマーケット紹介の続き5つをご紹介いたします!

グリニッジマーケット
グリニッジマーケットはユニークでオリジナル感あふれるアート作品やクラフトが、120店の屋台に渡って販売されています。有名なデザイナーのものや、小さな個人作品まで様々。どの商品も非常にオリジナルで、世界中でグリニッジマーケットのみというような作品もあります。また、トリニティミュージックカレッジの生徒達によるクラシック音楽の演奏も催されるおしゃれで素敵な雰囲気のマーケットでは、ヨーロッパの食べ物も楽しめます。

営業時間: 毎日10時-17:30分
住所: Greenwich High Road, London, SE10 9HZ
最寄り駅: グリニッジ駅
最寄 DLR 駅: Cutty Sark

マルビーストリートマーケット
マルビーはフードマーケットです。この小さなマーケットは新鮮なチーズ、肉類、パンやケーキを販売しています。有名なサンドイッチ屋、モンティーデリや、フレッシュドーナツを売るセントジョンベーカリーがあります。もちろん、マーケットの必須品、コーヒーも販売されており、「コーヒー、どう?」というロゴのコーヒーカートが目印になっています。

営業時間:土曜日9時-14時、日曜日11時―4時。
住所: Maltby Street, Bermondsey, London SE1 2HQ
最寄り駅: Bermondsey (Jubilee line)

オールドスピタルフィールドマーケット
オールドスピタルフィールドマーケットはビクトリア時代から続く歴史あるマーケットのうちのひとつで、その歴史は1876年にまでさかのぼります。マーケットはファッション、アンティーク、食べ物などがメインでボヘミアン、ビンテージ、アフリカンなデザインが沢山そろいます。フードコートは質がよく、リーズナブルな価格のデリや新鮮な食べ物、パン、オーガニック食品などの食べ物が、販売されています。

営業時間 毎日営業。月曜から金曜、10時-5時。土曜11時-5時。日曜、9-5時。
住所: 16 Horner Square, Spitalfields Market, London
最寄り駅: Liverpool Street (Central line)

ポートベローマーケット
このマーケットは1800年代から開催されており、特にアンティークが有名です。フルーツ、パン、ポスター、ビンテージ衣料品、磁器や音楽まで幅広いものを買うことができます。また、世界で一番大きなマーケットのうちのひとつでもあります。

営業時間:金曜日、土曜日がメインですが、小規模で月曜から木曜も開催されています。
住所: Portobello Road, 72 Tavistock Road, London, W11 1AN
最寄り駅: Notting Hill Gate (Central, District and Circle lines) / Ladbroke Grove (Hammersmith and City line) / Westbourne Park (Hammersmith and City line)

サウスバンクセンターマーケット
ここには、おいしい食べ物が沢山そろっており、屋台の食べ歩きが可能です。食べ物市であるこのマーケットでは、様々なストリートフードがローテーションで出店されており、世界中の食べ物や飲み物と出会うことができます。食べ物は主に、肉やスパイス、製菓や、そのほか様々なものがそろっています。テイクアウトも、その場で食べることも可能です。

営業日:金曜日と日曜、12時-20時。土曜日、11時-8時。Address: Royal Festival Hall, Belvedere Road, Southbank Centre Square SE1 8XX
最寄り駅: Embankment (Northern, Bakerloo, District and Circle lines / Waterloo (Northern, Jubilee and Bakerloo lines)

IELTSリーディングのコツ

どうもこんにちは、ローズオブヨークランゲージスクールの松井です。
私もイギリスに来る前IELTSを受けたことがありまして、私にとってはリーディングがもっとも厄介なパートでした。読みなれていないとなかなか読めない、制限時間との格闘だったのを思い出します。
ですが、恐れるなかれ、です。リーディングには成功するコツがあるのです。今日はそのコツをご紹介したいと思います。


さてさて、アイエルツのリーティングは3つのタスクから成り立っており、制限時間は60分です。タスクのチョイスはできません。三つのリーディング課題は、本、ジャーナル、マガジン、新聞などから出題されます。問題は3つの課題全部で40問、ひとつのリーディング課題は必ずディベート形式、もしくは意見になっています。さまざまな質問のタイプがありますが、質問の形式は以下のとおり。

• 適切なパラグラフの内容を選ぶ

• 情報の適切さを、True/False/Not Givenより選ぶ

• 筆者の論点をYes/No/Not Givenより選ぶ

• マルチ・チョイス
• 短文での回答
• センテンス、もしくは概要の穴埋め
• ノート、流れ図やグラフの穴埋め
• 図表にタイトルをつける
• 分類
• 文章マッチ

 

攻略のコツ

スキムリーディング:スキムリーディング-いわば、飛ばし読み-はIELTSリーディングパートにおいて大切なスキルのひとつ。スキミングとは飛ばし読みしながら全体の内容を読み取ることです。先に質問に目を通してから本文をざっと流し読みしましょう。本文すべての内容を理解する必要はありません。スキミングで、トピックと内容を理解しましょう。ひとパラグラフを2,3分で読み終えるのがコツです。スキミングをするとき、各パラグラフの最初と最後のセンテンスを読むことで大体の内容を理解することができます。これにより、すべてを読む必要がなくなります。

スキャニング:スキャニングは正解を見つける上で大切なスキルです。質問を読み、キーワードにマークをつけたら、どこに正解に必要な内容がかかれているか、確認しましょう。質問文のキーワードにマークをつけることで、スキャニングの際により見つけやすくなります。しかし、ひとつ大切な注意点が、問題文と質問文が必ずしも同じ単語を使っているわけではないということです。

スピードリーディング: リーディングスキル攻略には、たくさんのリーディングを短時間でこなせるようにすることが大切です。制限時間を意識しましょう。もし質問の内容やパラグラフの意味が分からなければ、次の質問へ。ひとつの問題にあまり時間をかけないようにするのがコツです。

問題内容のチェック: 質問を理解し、問題の指示に従いましょう。ワードリミットに注意です。もし三文字以内で答えなければいけない場合、回答は必ず3文字以内で。多すぎると不正解となります。

全文を理解しようとしない:IELTSリーディングで大切なことは質問の答えを探すことなので、本文すべての内容や単語を理解しなくても問題ありません。これは、ほとんどすべての質問が、必要な情報がどこに書かれているかを探し出し、それをまとめる能力をテストしているからです。内容を理解して回答しなければいけない質問はたった二つ、ヘッドラインのマッチと、タイトルを選ぶもののみです。これらの質問では、キーワードを探し出し、パラグラフの内容をつかみとりましょう。

キーワード: もしリーディングトピックの分野をまったく知らなくても、答えはすべて本文にあるのであせらなくても大丈夫です。各質問にはそれぞれ必要な答えの位置を探し出すキーワードがあります。キーワードは場合によっては違う言葉で言い換えられている場合もありますが、名前、日時、数字や場所の名前など分かりやすいケースもあります。キーワードの中には本文とはまったく違う言い回しをしているときもあり、類似語や本文のセンテンスと意味の近いものを選ばなければいけない場合もあります。

単語を知る:単語を理解しているというのは、IELTSリーディング攻略の上で必要なスキルです。新しい単語を調べるとき、単語の意味のみを理解するのではなくその単語の動詞、形容詞も調べましょう。その単語を使える場合と使えない場合や、その単語の連語なども知っておくとプラスです。IELTSの回答では、単語は本文から直接抜き取らなくてはいけません。回答で単語のフォームを変えないようにしましょう。

文法:本文概要の完成や、センテンスの完成は文法を正確に使えるかということがポイントになるので、テスト終了前にセンテンスをもう一度見直し、文法の正確さを確認しなおしましょう。名詞の単数形、複数形などにも注意しましょう。
すべての質問にチャレンジ: 不正解の答えにもちろんペナルティは課せられませんので、間違えてもかまいません。答えが分からないところは、勘で答えてみましょう。もしかしたら奇跡が起きるかも。

アンサーシート: すべての回答はアンサーシートに答えなくてはなりません。答えをアンサーシートに書き写す時間というのはありませんので、十分な時間を持って回答しましょう。アンサーシートに答えを書き写すときが、スペルミス、文法ミスを発見するチャンスでもあります。
練習に練習を重ね…:リーディングスキルを上達させるには練習あるのみです。練習を重ねることにより、実際のテストで力を発揮できます。
下記リンクからIELTS練習問題にアクセスできます。
http://takeielts.britishcouncil.org/prepare-test/free-practice-tests

当スクールではIELTSコースも行っており、テスト前の対策に最適です。詳しくはhttps://www.roseofyork.com/exam-preparation/より。

お勧めロンドンマーケット その1

どうも、ローズオブヨークの松井です。ロンドンはすっかり寒くなり、クリスマスデコレーションが町を飾り始めました。さて、もうすぐクリスマスということで、今日は是非是非クリスマスプレゼント探しにもめぐってほしいマーケットをご紹介したいと思います。

ロンドンのお勧めマーケット 

 

 ロンドンにはたくさんの、見るもの、することがあります。その一例がなんといってもロ ンドン中に点在するマーケットでしょう。ロンドンのマーケットはショッピングには最高の行き先です。食べ物、植物、プレゼント、アート、アンティーク、服、そして他にもたくさん! 以下は今週お勧めする六つのマーケットです。

 

アルフィーズ・アンティーク・マーケット

こちらはとっても賑やかなアンティークマーケット。装飾品やちょっと変わったアンティークなどに出会えます。現在75人のディーラーが5フロアに渡って営業しています。さらに最上階にはルーフトップキッチンがあり、ロンドンのパノラマを見渡せます。

営業時間: 火曜―土曜 10時-18時

住所:13-25チャーチストリート・セントジョンズウッド・ロンドン、NW8 8DT

 

バラマーケット

バラマーケットは食べ物市で100以上の屋台が並んでいます。国中の新鮮な食べ物を取り扱っていて、魚、肉、野菜、サイダー、チーズ、パン、コーヒー、ケーキやお菓子まで種類さまざま。輸入食品もあります。どれを食べようかなかなか決められずに果てしなくお店を回ってしまいます。

営業時間:月曜-土曜 10時-17時

住所: バラハイストリート・バラ・ロンドン、SE1 9DE

 

ブリックレーン・マーケット

イーストエンドにあるブリックレーンマーケットはアンティークや衣料、骨董品(もしくはガラクタ)と安く出会える露店マーケットです。数種類のマーケットによって構成されており、ボイラーハウス・フードホール、ティールム、バックヤードマーケット、サンデーアップマーケット、そしてビンテージマーケットと呼ばれるマーケットが開催されています。これらのマーケットはビンテージ、ハンドメードの衣料、アクセサリ、ジュエリー、音楽やアート・クラフト、そしてバラエティに飛んだストリートフードを販売しています。

営業時間:マーケットは土曜11時-18時まで、日曜10時-17時まで。

     サンデーアップマーケットは土曜日のみ営業、ビンテージマーケットは木曜                   と金曜営業。

住所: ブリックレーン・ロンドン、E1 5HA

 

ブロードウェイマーケット

こちらはロンドンでは一番歴史の古いマーケットで、一時は衰退したものの、現在再び人気を取り戻しています。賑やかなマーケットは地元農家産物やローカルアーティスト、クラフトの品々を取り扱っています。マーケットの開催されている通りには、お店、レストラン、ギャラリーなども連なっています。主な商品は、コーヒー、モームメードのチーズやバター、オーガニックのお肉、新鮮な魚、オーガニックのパン、ケーキ、お菓子、衣料、健康商品などです。

営業時間: 土曜日 9時-17時

住所: ザブロードウェイ・ハックニー・ロンドン、E8 4QJ

 

カムデンマーケット

カムデンロックはカムデンの町の中心にあるマーケットで、週7日毎日営業しています。たくさんのお店や露店が立ち並び、ビンテージ衣料品、ハンドメイドのジュエリー、アート、ギフト、音楽など幅広いジャンルの商品が売られています。ストリートフードの屋台があり、さまざまな種類の食べ物を販売しています。いつもと違ったものをお探しのときはお勧めです。

営業時間:クリスマス以外年中無休

住所:54-56チョークファームロード・カムデンロックプレイス・ロンドン、NW1 8AF

 

コロンビアロードフラワーズ

このマーケットは植物を主としており、プラント、花、ガーデニング用品などを安い価格で手に入れることができます。フラワーマーケットといいますが、マーケットで売られているものはお花だけではなく、ギャラリーやパンケーキのお店、ビンテージ衣料のお店や、ガーデンとアンティークの骨董品店、食べ物はイギリス料理やイタリアンデリ、パブ、ケーキ屋やレストランなどもあります。

営業時間: 日曜 8時-15時

住所: コロンビアロード・ロンドン、E2 7RG

 

バンクホリデーウィークエンドを使って、どれだけのマーケットを回れるか挑戦してみてください!次回は次のお勧めマーケット六つをお届けしますのでお見逃しなく!

ローズオブヨークランゲージスクール・ロンドンのピックアップ6つのマーケットでした! 

IELTSライティング必勝法

どうも、ローズオブヨークランゲージスクールの松井です。
みなさん、いきなりですがIELTSって知ってますか。
イギリスで語学学校に通ったり、学校に行ったりする上でとっても大切になる、TOIECのアカデミックバージョンとでもいいましょうか。リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングから構成されており、今日はライティング部門について、成功のコツをお届けしたいとおもいます。

 

アイエルツのライティングは二つの作文課題によって構成されており、試験時間は60分です。課題の選択はできません。タスク1は最低150文字書かなければならず、20分以内で完成させるのが好ましいです。タスク2は最低250文字、40分を目安に完成させます。

タスク1:データやグラフなどを見て、その情報を説明します。

成功のコツ
• イントロダクションパートで、グラフのタイトルを言い換え、必要な情報をまとめましょう。
• 次のセクションでは、グラフからわかるもっとも大切なことや特徴を要約しましょう。
• 第三セクションで、類似点や違いなど細かい例や数字を挙げましょう。
• リンクワード(as well as, also, moreover, furthermore, in additionなど)をつかい、文書をわかりやすくまとめましょう。
• また、このタスクでは、自分の意見や推測を述べてはいけません。

 

TASK 2: このタスクでは意見、ディベート、社会的な問題などのテーマが与えられ、それについて、受験者が小論文を述べます。

成功のコツ
• イントロダクションパートでは、問題の内容を挙げ、テーマへの理解を示しましょう。
• 一般的にこのタスクでは、出だしの後二つのパラグラフを使い、論点を挙げます。可能であれば、具体的な数字や例を使いましょう。
• 文章を論理的に構成するに当たり、(firstly, secondly, on the other hand, similarly, in contrast, conversely)など、文章の前後をつなげられるフレーズを使いましょう。
• アカデミックな文に仕上げるため、文章は際はできるだけ(it is thought that…)など受動態を使いましょう。
• 第二パラグラフにて、意見を述べ、第三パラグラフにて反対意見を述べましょう。
• 第四パラグラフは、結論を述べるセクションです。ここでは受験者が問題のテーマと第二、第三パラグラフで述べたことに沿って自分の意見をまとめます。

 

アイエルツライティングでは、できるだけアカデミックな単語を使用し、与えられた質問、トピックに沿った答えを書きましょう。この試験では以下の能力が試されます。
• 問題の遂行 (task 1) / 問題への受け答え (task 2) – どのくらい正確で的確に、質問に答えられていたか。
• 一貫性 と全体のまとまり–文にどのくらいまとまりがあるか、どのくらい順序立てできているか。
• 語彙力 – どのくらいの単語を知っていて、正しく用語を使えているか。
• 文法理解力–どれだけの文法を知っており、正しく使うことができるか。

 

時間を正しく配分し、ワードカウントに気をつけましょう。文字数は多すぎても少なすぎても点数を失います。たくさん練習し形式になれることが成功への近道です。ライティングの練習をたくさん行い、テクニックを磨きましょう。例文を見てフレーズや書き方を学ぶことも、成功への鍵となります。
IELTS成功のコツをもっと知りたい場合はブリティッシュカウンシルのページより確認できます。
http://takeielts.britishcouncil.org/prepare-your-test/test-day-advice/writing-test-advice

当スクールでもサポートをしているので、詳しい詳細はサイトで確認です!
https://www.roseofyork.com/

ホームステイが留学にいい理由

どうも、ローズオブヨークランゲージスクールの松井です。

今日はホームステイについてお送りいたします!

 

本物の文化体験

現地人のホストファミリーと過ごすことは、その町や国のイメージを見る最高の機会。ホストファミリーから国の文化や習慣などを教えてもらうことができます。そして何より、おすすめのスポットやアクティビティなどを教えてもらうことができます。

 

実際の生活

ホームステイは、ほかの国から来た人と一緒に暮らすのと違い、実際の生活を体験することができます。現地の食べ物、ローカルの行く場所や、イベントなどを知れるチャンス。ホストファミリーに町のおすすめを教えてもらいましょう。

 

金銭面

どこに行っても付きまとう問題が宿泊費。ホームステイはホテルやアパートと比べると宿泊コストが安いうえ、ホストファミリーと一緒にリラックスした時間を過ごすことができます。

 

語学の習得

語学を学ぶ上で一番大切なのは、現地の人とコミュニケーションをすること。ホームステイはホストファミリーと話すことで、生活の中で実際にスピーキングの練習になります。当スクールのホストファミリーは様々な国の人と受け入れた経験があり、コミュニケーションに困ることはありません。

 

手作りの料理

ホームステイをするということはホストファミリーと一緒に食事とするということです。朝ごはん、昼食、晩御飯、新しい食べ物やいつもと違った食事をしながら英語のスキルアップにもつながるというお得な体験です。また、何か新しいことを知ることができるかも。

 

新しい街へ

よく知らない新しい場所に行くというのは心細い経験です。特に初めて到着した日や、町のことを全然知らないときは怖く思いますよね。ホームステイは初日に現地の人と会い彼らの家に行くので、そんな心細い初日をスムーズに進め、安全で楽しい環境を得ることができます。

 

一人旅に最適

初めての場所で、誰かと知り合うのは大変なこと。特に一人で来られる方にとって、知り合いづくりは最初の難関。ホストファミリーはそんな状況で、最初からいろいろな手伝いをしてくれてあなたの知り合いいづくりを手伝い、旅や留学の最高の思い出作りの強いサポーターとなってくれる、最大の友達です。

 

忘れられない思い出

ホームステイは自宅を離れて誰かの家に住むという、リアルな経験です。ホテルに泊まっていては忘れてしまうことも、ホームステイで素敵な人と出会うことで、忘れられないたくさんの思い出を作ることができます。ホームステイはほかの宿泊方法では得られないことを経験するチャンスです。

 

当スクールのホームステイ

当スクールはたくさんのホームステイオプションがあります。ロンドンの中心部ゾーン1,2から郊外ゾーン3,4にかけて選べ、シングルルーム、ダブルルーム、もしくはお友達とのツインルームもございます。朝ごはんのみ、朝ごはんと晩御飯、もしくは三食全部とお食事の頻度も選べます。

楽しみながらリスニングスキルを伸ばす六つの方法

こんちには、ローズオブヨークランゲージスクールの松井です!

当スクールの情報、英語マスター法、イギリスの生活情報などをお届けしたいと思います。

 

様々な語学の中でリスニングはとっても大切なコミュニケーション能力の一つです。海外留学で英語をマスターするにおいてもそれは同じ。リスニング力をつける様々な方法がありますが、今日はその中から六つ、おすすめを紹介したいと思います。

一つ目はお家で英語のラジオを聴くこと。音楽でもトークショーでも、自分のお気に入りの番組を見つけて、まずは全体の内容を聞きましょう。全体を聞き終えたら、次は細かいフレーズなどに注意して聞き取れるかチェックです!

二つ目は最もポピュラーなリスニング力取得方法、洋画を字幕で見ることです。これが一番てっとりばやく、しかも楽しくネイティブの英語をネイティブのスピードで聞くことができる方法でしょう。お気に入りの映画を見つけて、何度も見直しましょう。内容を覚えたら次はステップツー、字幕なしで映画を見ることです。字幕がないことで、新しい発見ができるかも!

お次は少し上級向けですが、音楽を聴くことです。好きな音楽を聞いたら、そのあとはいろいろなジャンルの洋画に挑戦してみましょう。映像がないですし、GBMや歌のスピードなどがありますから、これは結構ハードですが、よいトレーニングになります。

四つ目は下記のリスニングトレーニングウェブサイトを使用することです。無料のアクティビティがあり、レベルに合わせて様々なトピックを選ぶことができます。アクティビティを終えた後に、能力を試すためのミニテストも用意されていて、とっても便利なウェブサイトです。聞き逃したところはいくらでも聞き直せます。
www.esl-lab.com
www.esllistening.org
www.bbc.co.uk/worldservice/learningenglish
www.5minuteenglish.com/esl-listening-practice.htm

ちなみに、リスニングトレーニングはなにもお家でパソコンやテレビ、ラジオの前に座って練習するだけではありません。日常の中で英語に触れることだってできます。イギリスにいればストリートパフォーマンスのお兄さんの声、電車のアナウンスなどが聞こえますよね。それだって立派なリスニングトレーニングです!

最後のおすすめ練習法は、できるだけ日常生活を英語漬けにすること。これが究極の取得法です。英語圏のお友達と交流したり、友達や家族と英語でコミュニケーションしてみましょう。そうすることで自然と英語を耳にすることができ、様々なアクセントを理解することができます。もちろん、発音や会話の練習にもなり、新しい言葉も覚えられます!